若い子にも蔓延!?性病の感染率1位はクラミジア!!しっかり理解して蔓延を防ぎましょう!

若い子にも蔓延!?性病の感染率1位はクラミジア!!しっかり理解して蔓延を防ぎましょう!

クラミジアとは、クラミジアートラコマチスというウイルスに似た病原体が原因で発症します。性行為による感染症のなかで最も多い感染症です。感染経路は性行為による接触感染であり、現在、若年女性での感染者の多発が問題となっています。10代女性での感染も年々増加傾向にあります。また、妊婦の5~15%は産道にクラミジアが陽性になっていることが問題となっており、クラミジアに感染した妊婦の産道を通過する際、母体から新生児に感染が起こり大きな問題となっています。また、性行為についてはキスなどからも感染します。なぜなら、クラミジアは口腔内で潜伏でき、クラミジアを口の中に持った状態でオーラルセックスやキスなど介して感染します。性感染症について詳しく知りたい場合は、性感染症治療薬通販サイトなども おすすめです。。

不妊症の原因!!症状にも違いが!!知らぬ間に感染してることも!!

症状としては、男性と女性では症状に違いがあります。男性は主に尿道炎(膿が尿道より出てくる)が起こります。そのまま進行すると前立腺炎や精巣上体炎が起こります。女性では、不正出血や進行した場合は、子宮頸管炎や子宮内膜炎、子宮付属器炎などが起こし不妊症の原因になります。
しかし、症状は比較的に男性には軽い自覚症状はあるもののほとんどの場合、無痛のなど自覚症状が出ないケースが多く発見が遅れやすくなります。また、口腔内の場合は、のどの腫れや痛み、発熱などの風邪症状がでますが、クラミジアとは気が付かず、知らいうちに感染していたり、知らずに相手へ移してしまい拡散しやすい傾向にあります。新生児が感染した場合は新生児結膜炎や新生児肺炎のきっかけになり重症化するケースもあります。
また、新生児の場合、後遺症が残るケースもあり注意が必要です。

大切なのは検査と早期治療!!

治療法としては、テトラサイクリン系、マクロライド系の抗生物質を投与し治療を行います。

治療法としては、テトラサイクリン系、マクロライド系の抗生物質を投与し治療を行います。クラミジア感染症の場合は、検査を行い感染の有無を判別することが一番大切です。感染していた際はパートナーと共に除菌をすることが大切となります。妊婦の方は一度クラミジア感染の検査を受け、これから生まれる赤ちゃんの為に準備し、感染防止を行うことをお勧めします。