エイズへの正しい知識が大切!!

エイズへの正しい知識が大切!!

HIVとは、ヒト免疫不全ウイルスのことであり、HIVは血液や体液から体内に侵入し、免疫細胞に感染。その免疫細胞内で増殖しその細胞を破壊します。約10年ほどの潜伏期間を経て、徐々に免疫細胞を減少させます。そして免疫細胞が減ったことで体の免疫が低下し、あらゆる細菌やウイルスに抵抗できなくなります。そのため、今までは抵抗できてなんともなかった菌や自分の体内にいる大腸菌などの影響をうけ病気にかかります。また、結核などの命にかかわる病気にもかかりやすくなります。また、ガンなどの悪性腫瘍に対しても抵抗できなくなるので、ガンなどの悪性腫瘍の発生率もあがります。HIVに感染することで後天性免疫不全症候群(エイズ)という状態がこの状態です。

汗や涙などは感染しない!?感染経路とは!!

感染経路については、性行為などの接触感染。感染者の体液などが他人の傷口に付着した際にウイルスが侵入する血液感染などがあります。そのため、覚せい剤や麻薬を使用する際に使う注射器の回し打ちなどが多くの原因が挙げられます。先ほど接触感染と体液から感染すると話しましたが感染した人が使用した吊り革やお風呂などの用品からは感染することはありません。また、体液についても汗や涙、尿、便からは感染しない特徴があります。なぜならHIVウイルスは体外では活動できず、感染する力を失うからです。

症状があったらまず疑って!!早期治療がとにかく大切!!

症状があったらまず疑って!!早期治療がとにかく大切!!

症状については、感染初期に風邪のような発熱やだるさ、筋肉痛などの症状がありますがほかの病気にも出現する症状の為にここの段階で気が付かない人が多くいます。エイズが発症してしまった際は、概要にも話しましたが、免疫細胞がなくなり、あらゆる病気に抵抗できず、その病気などが原因で、死に至ります。治療法についても、現在の医学ではHIVウイルを完全な死滅、排除はできません。しかし、エイズの発症を抑え進行を食い止めることができ、健康な生活を維持できるようになりました。なので、いかに早めに発見し進行を遅らせることが大切であり、そのために疑わしい場合には、専門の病院に受診し早期治療をしてください。